カナガンのドッグフードの口コミや評判まとめ

ワンちゃん先進国とも言えるイギリス生まれの最高級ドッグフード「カナガン」の口コミや評判を紹介します。
WS000004

カナガンの魅力は?
グレインフリー
人校添加物を使っていない
全犬種・全年齢に対応
80%も再度購入するリピーター率が高い

なんといっても100%無添加で安心してあげれるドッグフードです。

カナガンのドッグフードは公式サイトから

amazonでも購入できるのですが、値段が公式サイトのほうがかなりお得になるので公式サイトのほうから購入することをおすすめします!定期購入すると10~20%引きになります。初回購入なら定期にしておいて10%引き、気に入らなかったらいつでも休止できます。

カナガンの公式サイトはこちら

公式サイトからの購入がおすすめですが、amazonのレビューなどは参考になるので読んでみてください。アマゾンでは、良い口コミ悪い口コミが半々ぐらいとなっています。

カナガンドッグフード チキン(2kg)

新品価格
¥4,730から
(2016/5/23 14:25時点)

良い口コミは、「ガツガツ食べる」など、食いつきが良いという口コミが多いですね。良い評判の中でも、最初は食べなかったけど食べるようになってきたなど続けていくうちに食べるようになることもあるようです。

悪い口コミで多い意見は、「食べない」ということです。カナガンは匂いが少しキツイので今まで食べていたドッグフードがにおいのないものだったら、犬が食べないことがあるようです。ドッグフードを違うものに変えるときは、以前のもに徐々に混ぜて与えていく方法もあります。慣れないフードでお腹をこわすワンちゃんもいます。

カナガンドッグフードが安全なわけ

100%無添加で安全なドッグフードであるカナガンですがなぜ安心してあげれるのかまとめました。

1,生産されている工場が国際規格「SAI GLOBAL」クラスA取得している
2,徹底された品質の管理が行われている
3,産地であるイギリスから直接輸入している
4,天然の原材料のみを使用している

人でも食品問題は深刻です。中国の工場の実態などをつい最近テレビでみてビックリしました。ドッグフードでも、しっかりと品質管理がされていて信頼できる工場で生産されているのは嬉しいですね。

もちろん、品質の管理なドッだけではなくドッグフード自体の原材料もこだわっています。

1,着色料や保存料も使っていません
2,高タンパク・低炭水化物
3,消化しやすい
4,野菜ハーブ配合でヘルシー

飼い主さんにとって犬がどんなものを食べているのかは気にすることだと思います。

原材料はこちらです↓

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU、ビタミンD3 2,400IU、ビタミンE 240IU)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ
成分分析値:粗たんぱく質33.00%、脂質17.00%、粗灰分9.00%、粗繊維3.50%、炭水化物32.5%、水分8.50%、オメガ6脂肪酸2.80%、オメガ3脂肪酸1.86%、リン1.42%、エネルギー(100gあたり)約361.25kcal

今までのドッグフードから無添加なものに変えたい人や、毛並みを綺麗にしたい犬、便の調子を良くしたい犬、口臭体臭を改善したい犬、缶詰のものからドライフードに変えたい犬などにカナガンのドッグフードはおすすめです。

カナガンドッグフードは、全犬種(プードル・チワワ・ゴールデン・柴犬・その他)、小型犬から大型犬、全年齢に対応しています。体重などで上げる量が変わってくるので、あげる前にしっかりと量る必要があります。犬の状態によってどんどん量を調節していきましょう。

グレインフリーってなに?

カナガンドッグフードの特徴でもある「グレインフリー(穀物不使用)」ですが、はじめて聞く人も多いと思います。穀物(トウモロコシ・小麦・大麦などの)を使用していないということですが、どうしてか気になりますよね。

穀物は犬にとって、皮膚トラブルやアレルギーなどを起こしやすいと考えている人たちがいます。大量の穀物を上げてしまうと消化不良を起こすことがあるのは、少し知られている話ですよね。いろいろ研究などを繰り返した結果、栄養価値があまりないということで穀物を一切使用しないドッグフードをカナガンは製造しています。